洗車の基本

洗車の基本?ただ車を洗って汚れを落として拭き取れば良いんじゃない?そう考えている人はあまりクルマ好きではありませんね(笑)ボディの輝きを維持するためには、洗車の方法だけではなく、天候や場所も関係してきます。いつまでもピカピカな愛車に乗るため、洗車の基本を覚えておきましょう。

手洗い洗車について

ボディの表面温度が高い場合は、決して洗車してはいけません。水や洗剤がすぐに蒸発してしまい、車にとって良い状態とは言えませんので、水垢や洗車だけでは落ちないしつこい汚れは、一通り洗車が終わってから取り掛かります。くれぐれも間違った洗い方をして、車を傷だらけにしないように注意しましょう。

洗車準備

第一に、ボディの表面温度を下げておかなければいけません。走行直後のボンネットや、炎天下でのボディはかなり高温になっていますので、高温のまま洗車すると、水やカーシャンプーがすぐに蒸発し、シミの原因になります。洗車をする前にはボディを冷やしておきましょう。天気の良い日に洗車をするのは気持ちいいものですが、日陰やできれば曇った日に洗車することをオススメします。そして、当たり前ですが洗車用品は事前に準備しておきます。バケツやホースはもちろん、車の車高に合わせて、脚立も用意しておきましょう。

洗車

いよいよ洗車ですが、ポイントはスピードです。乾きかけのボディを拭き取ると、わざわざ傷をつけかねませんので、手際よく洗車することを心掛けます。まず、バケツにカーシャンプーを入れ、泡立てておきましょう。

・車に勢いよく水をかけ、泥や大きなホコリをある程度水の勢いで落とします。

・バケツに作っておいた泡をたっぷりとスポンジに含ませて、手早くボディを洗います。この際ゴシゴシこすると、細かいホコリやゴミで傷をつけてしまうことも考えられますので、ボディの表面をスポンジの泡を滑らせるようにして洗います。軽くこすっても落ちない汚れは、汚れに合った落とし方をしなければいけませんので、一通り洗車が終わってから汚れを落とすようにしましょう。

・洗い終わったら、カーシャンプーが乾かないうちに素早く水で流します。上から下に流すようにします。

拭き取り

洗車が終わったら、水分が乾かないうちにクロスを使って拭き取ります。上から下にクロスを滑らせるようにして拭き取ります。クロスが水分を吸い取ったら、その度に絞って使うように。クロスが汚れてきたらキレイに洗い、再び拭き取ることを繰り返します。

洗車に時間がかかって、上から洗っていっても、屋根部分の洗剤が乾いてシミになってしまう場合もあります。そうならないよう、部位ごとに洗車をすることをオススメします。 屋根部分を先に洗ったら一度流し、しっかりとカーシャンプーを落とします。次にフロントガラスを洗って流し、窓、ドア、ボンネット、バンパーと、1ヶ所ずつ洗っていけば洗剤が乾いてしまうということはありません。全部洗い終わったら、再度上から勢いよく水をかけて水を拭き取り、仕上げクロスで拭きあげましょう。

洗車機の長所と短所

皆さんは、愛車の洗車をどのように行っていますか? 昔から手洗い洗車しかしないという人もいるでしょう。もちろん、それはとてもいいことですが、手洗い洗車は時間もかかりますし、場所も取ります。そこで注目されるのがガソリンスタンドの洗車機です。ガソリンスタンドで給油をしたら、洗車機へ一直線という方もいるでしょう。実は、ガソリンスタンドの洗車機には様々なタイプがあります。それはブラシの種類によって分けることができます。

■ナイロンブラシ

要するに歯ブラシのような素材でできていて、細かい毛束になっていますので、細かいところまで汚れを落とせます。しかし、洗車傷はもっとも付きやすいので、ガラスコーティングをしている人は、これは避けた方がいいでしょう。

■布ブラシ

これはセーム革のような素材なので、ボディに傷は付きにくく、ガラスコーティングをしている人でもある程度は大丈夫です。しかし、洗い残しがでるので、いずれにしても手洗いは必要となります。

■スポンジブラシ

幅1ミリほどの細さのスポンジを使用しています。ガラスコーティングも程よく守ってくれます。汚れは落ちますが、経年劣化が激しいとされています。

■ノンブラシ

水圧で汚れを落とします。もちろんガラスコーティングにはやさしいですが、汚れ落ちはこの中で最もよくありません。

作業時間の短縮を重視される人は、洗車機の利用も検討してみてはいかがでしょうか?

コイン洗車場の活用方法

洗車をして愛車がいつもピカピカしてると、とても気持ちいいですが、「洗車をやる場所がない」「手間がかかる」といった理由で、洗車機だけで済ませたり、たまにしか洗車しないという方も多いのでは?

そんな時に活用したいのがコイン洗車場です。洗車のための専用スペースなので設備もあり、スムーズに作業することができます。道具も最小限で済むなどメリットもあります。また、車内清掃に便利な設備も併設されている洗車場もあり、コイン洗車場で簡単手軽に愛車をきれいにするコツをご紹介します。

様々な洗車メニュー

コイン洗車場には、カーシャンプーと同時にワックスやガラスコーティングがかけられたり、様々な洗車メニューが用意されていますので、拭き上げ用クロスとスポンジを用意するだけで、愛車を効率よくキレイにすることができます。カーシャンプーが洗車機から出てくるコースも用意されているので、簡単にクルマを洗うことができます。洗車場によっては、洗うだけで撥水させ、光沢も出せるワックスがけのメニューが用意されていることもあります。

洗車ブース

クルマを洗車ブースに入れる際は、作業しやすいようできるだけ左右均等にスペースができるように、また、後方にもある程度の余裕をもって停車します。洗車機からシャンプーが出て、後でワックスもかかるメニューを選択した場合、今まで別々に用意していたカーシャンプーやワックスなどは不要で、洗車機にお任せで手軽に洗車ができます。

一方、セルフ・メニューを選択した場合は、

■水洗い&シャンプー

ザッと水をかけてホコリを落としたら、次にシャンプーが自動で噴射されるので、全体に行き渡るようにかけていきます。

■必要に応じてストップ

シャンプーは十分噴射されたところで自動的にストップしますが、自分で止めることもできます。

■シャンプーをすすぐ

一定時間経つと自動的に水が噴射します。十分余裕ある時間が設定されているので、あわてずにシャンプーを落としていきます。

拭き上げスペース

洗車ブースはあくまでもクルマを洗うためのスペースなので、拭き上げは別の場所で行います。通常、拭き上げスペースは洗車ブースの近くにあるので、移動の手間はほとんどありません。

■コイン式掃除機

車内清掃も同時に行いたいですよね。コイン式の掃除機で車内清掃もラクラクです。

■フロアマット洗い

マット洗いは車内清掃の基本ですが、1枚1枚洗っていると、とても手間がかかります。専用のマット洗い機が併設されている洗車場もあります。専用機は、自動で水洗いしてくれ、上から入れると洗浄されて下から出てきます。表ではなく、裏側にしてマットを入れるのがポイントです。

このページの先頭へ